• kea-nagoya

あちこち不動産屋を回らなくてもまとめて最新の風営承諾物件をご紹介

更新日:2月9日

名古屋錦のKEA不動産です。


風営法違反の摘発が未だに多いです。


その多くが風俗承諾物件での営業を行っていないこと。

デリヘルで営業許可を取るためには、その事務所がある対象エリアの公安委員会(警察)への届け出が必須となります。その添付書類として、家主の物件使用承諾書が必要です。

使用承諾書をもらうには、まずは風俗承諾物件を探すことが条件となります。

デリヘルを含む風俗店開業の際の第一関門といっても過言ではありません。ただ、風俗承諾物件は物件数が少なく、探すのが困難となります。


そこで、弊社のような風営物件情報をたくさん持っている不動産会社へお問い合わせしてくださればお客様の手を煩わせることはございません。

そこで、風俗承諾物件に特化したサイト使用することで、スムーズに物件を探せるのです。

弊社では、以下の風俗物件/性風俗物件のお取り扱いをしております。






↑クリックするとサイトへとびます。




なお、業態例として代表的な業態をあげておりますが、必ずしも明確に区分されるものではないため、実際の事業者に確認をとりながらヒアリングをさせていただきます。

客に接待をするか】【低照度飲食店】【区画席飲食店】などが風俗営業に該当します。


(★風俗営業:客に接待を伴う行為 としての接待の意味)

  1. 特定少数の客の近くにはべり、断章・お酌・歌唱等をする。

  2. 特定少数の客に対して踊る、客とともに遊戯等をする。

  3. 客と身体を密着させたり、手を握るなど客の身体に接触する行為。

を示します。

閲覧数:9回0件のコメント