top of page
  • 執筆者の写真kea-nagoya

不動産開業者必見!SNSを活用した成功へのマニュアル


1:不動産開業の基本知識

1-1不動産開業者が知っておくべき法律

1-2:不動産業の稼ぎ方

1-3:必要な開業資金と効率的な運用方法

2:SNS活用法とその重要性

2-1:SNSを利用するメリット

2-2:主要SNSプラットフォームの活用方法

2-3:成果を出すためのSNS戦略

3:SNSを用いた不動産ビジネスのマーケティング

3-1:不動産業向けのSNSコンテンツアイデア

3-2:SNSを活用した不動産販売促進策

3-3:良い評判を作るためのSNS運用法






1:不動産開業の基本知識

不動産開業においては、それにまつわる法律を理解し、何を販売またはサービスとして提供するのかを明確にし、開業に必要な資金を計算し、効率的に運用するスキルが求められます。そのうえで、儲かる不動産事業モデルを練り続けることが重要です。以下で、不動産開業の基本となる項目について詳しくご紹介いたします。


1-1:不動産開業者が知っておくべき法律

不動産業における開業にあたって把握しておくべき点は、まずは「民法」です。日本の民法では、契約関係にある当事者同士が対等・公平であることが原則とされています。加えて、不動産取引に関与することになりますから、「宅地建物取引業法」も重要で、こちらは不動産取引のルールや宅地建物取引士の資格について定めています。また、マンション管理に関する「区分所有法」や権利関係に関する「借地借家法(貸借)」、お客様との関係を良好に保つための「不動産の表示に関する公正競争規約」、不動産投資の観点からは、「不動産登記法」や「都市計画法」、「建築基準法」など様々な不動産関連の知識も必要となります。これらを理解し、自社の業務に照らし合わせて適切に対応していきます。


1-2:不動産業の稼ぎ方

不動産業界には様々な収益モデルがあります。一つは、資産価値を上げるために不動産を購入し、改善・改装(リフォーム)した後で売却するという「フリップ(短期転売)」です。「フリップ(短期転売)」は、不動産を購入して修繕を行い、物件価値を高めたうえで短期転売を行うことにより利益をあげる不動産投資法のことで、アメリカの不動産業界では人気があります。日本でも多くの不動産会社がしている手法です。また、土地や建物を購入し、その利用により得られる賃料収入をビジネスとする「貸出」も広く行われています。マンションや戸建てを購入して、大家となったり、ソシアルビルを購入して行うテナントビジネスがこれです。これらの手法は初期投資が必要ですが、リスク管理さえしっかり行えば安定した収益を上げることができます。「仲介」は初期費用が比較的低く、売買や賃貸の取引を仲介することで得られる手数料が収益となります。その他にも、土地造成やテナント開業にまつわる仕事などさまざまな手法で収益をあげられます。


1-3:必要な開業資金と効率的な運用方法

不動産業を開業するにあたり、物件購入費用やリフォーム費用、事務所や店舗開設費用など、必要となる資金は幅広いです。具体的なビジネスモデルを設定し、その見積もりを精緻に行い計画的に準備してください。さらに、預金だけでなく節税対策や融資の活用、資金繰りの計画も併せて行います。例えば、銀行から融資を受ける場合、事業計画書を作成し、信用力を高める努力が求められます。さらに、融資を受ける際の返済計画も重要で、ビジネスが軌道に乗るまでの流動資金と収益性を見据えた計画を立てることが必要になります。


2:SNS活用法とその重要性


近年、インターネットの普及に伴い、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者数は増加し続けています。ビジネスの視点から見ても、SNSの活用法とその重要性が今まで以上に重くなっています。これはSNSが、少ない費用で多くの人々へ短時間で訴えかける手段であるからです。また、顧客との直接的なコミュニケーションツールとして、購買行動に直結する可能性があるのです。


2-1:SNSを利用するメリット


SNSの利用には、数多くのメリットがあるのです。先ず、大規模な影響力を持つことです。自分の投稿内容を、フォロワーだけでなく一般ユーザーまで広範囲に共有することができるため、ブランドの認知度向上や広告活動に大いに役立ちます。特に、※バイラルマーケティングとして売り込むことが可能です。(※バイラルマーケティングとは、主にインターネットやメールにより、クチコミを利用して不特定多数に広まるよう仕掛けていくマーケティング手法のこと。)


次に、コミュニケーション能力の向上です。SNSは相手と直接対話し、フィードバックを得る(フィードバックとは、口頭や文章などで行う指摘のことで、ここではユーザーからの返信を指します)ことが出来るため、顧客の声を即座にキャッチし、反映することが可能となります。これにより、顧客からのアンサー、提供価値の向上に繋がります。さらに、独自のコンテンツを作り上げ、他者との差別化を図ることも可能になります。


2-2:主要SNSプラットフォームの活用方法


SNSプラットフォームの中で、主要なものといえばX(旧Twitter)Facebook、Instagramなどがあります。この各プラットフォームには、それぞれに適した活用方法があるのです。


X(旧Twitter)は、短文メッセージを即座に投稿でき、フォロワーとの間でリアルタイムなコミュニケーションが取れます。自分の事業のアナウンスメントをしたり、ユーザーの声を聞いたりするのに最適です。


Facebookは、ビジネスページを作成し、広範囲なユーザーに情報を提供できます。写真やテキストの他、動画など多様なコンテンツタイプを共有することができ、ブランディングに良好な影響を与えます。簡易的なホームページとしても最適です、


Instagramは、ビジュアル重視のプラットフォームで、写真や短いビデオを投稿することで、フォロワーと直接的に情報を共有できます。新商品の披露や、製品使用シーンの共有等、視覚から訴える。


2-3:成果を出すためのSNS戦略


SNSを効果的に活用するには、適切な戦略が必要です。まず、目標設定が最初の一歩です。どの程度の視聴者へ到達したいのか、どんなメッセージを送りたいのか、何を達成したいのかを具体的に設定しましょう。


次に、ターゲット設定です。SNSの中にはさまざまなユーザーがいるため、自社の商品やサービスがどのユーザーに響くのかを理解することが重要です。その上で、適切なSNSプラットフォームを選定し、ターゲットに合った内容を投稿します。


最後には実行と分析です。計画した戦略を実行し、その結果を分析することで次の手段を考え、改善していきます。


3:SNSを用いた不動産ビジネスのマーケティング

 情報溢れる現代社会では、従来の広告媒体だけではなく、SNSをビジネスツールとして活用することが求められています。特に不動産業界においては、物件の情報を時系列で並べたり、側面から見えるイメージを伝えたりすることが可能なSNSの特性を最大限に活用し、新たな顧客獲得や販売促進につなげるべきでしょう。今後のビジネス展開をより充実させるためにも、SNSを活用したマーケティングの導入は必須とも言えるでしょう。


3-1:不動産業向けのSNSコンテンツアイデア

不動産業界でSNSを効果的に活用するためには、適切なコンテンツの投稿が欠かせません。物件情報をそのまま投稿するだけではなく、リビングのコーディネートや間取りを活かした生活スタイルを提案するなど、視覚的に訴求力のある情報を伝えることが求められます。また、物件周辺の生活情報や施設情報、街の魅力を紹介することで、不動産を通じたライフスタイル提案ができるでしょう。新築物件のプロモーションならば、建設工程の進捗状況を定期的に投稿することで、フォロワーからの期待感を煽ります。これらのコンテンツ作りは、物件の魅力を最大限に引き立てるだけでなく、不動産会社自体のブランド力向上にも寄与します。また、テナントビジネスにおいては、飲食店やお店のブランディング価値を高められる物件情報を集め、魅力的なページにするといいです。


3-2:SNSを活用した不動産販売促進策

SNSに見るある物件情報を投稿する以外にも、販売促進のための工夫は様々考えられます。また、物件への興味を持つユーザーとのコミュニケーションの場として活用し、距離感を縮めるアプローチも効果的です。限定の特別なキャンペーン情報の発信や、インフルエンサーを起用した物件紹介も販売促進につながるでしょう。さらに物件の画像はもちろん、動画や360度見学が可能なコンテンツを活用することで、仮想的な物件見学体験をユーザーに提供し、その魅力を引き立てることが可能です。


3-3:良い評判を作るためのSNS運用法

良い評判を作るためには、SNS運用の方針として信頼性のある情報発信とコミュニケーションの重視が必要です。消費者が投稿内容を信頼できるよう、物件情報については正確で詳細な情報を提供することが求められます。ネガティブなコメントに対しても迅速で妥当な対応を示し、フォロワーの疑問や不安を解消する態度を貫くことが大切です。さらに満足度の高い顧客の実体験や感想を紹介することで、信頼性や好感度を高めることができます。結果的に、良い評判は新たな顧客獲得やリピート利用へ繋がる一因となるでしょう。




文責:KEA不動産 編集部

不動産にまつわる人事・人材教育に関する情報はもちろん、すべてのビジネスパーソンに向けたお役立ちコラムを発信しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■KEA-ケア-不動産■

〒460-0003 名古屋市中区錦三丁目11-25-406

3-11-25-406 Nishiki, Nakaku, NAGOYA

052-951-3775 FAX:052-951-3776

E-mail: keakea3775@gmail.com

<NAGOYA>事業用不動産property for business

 風営許可物件・居抜き・賃貸売買管理・ダンスレンタルスタジオ運営

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page